あなたは信じられますか? 平均寿命100歳に到達

2018年、厚生労働省が発表した日本人の平均寿命は女性が87.32歳、男性が81.25歳ですが、世界の長寿研究者の誰もが口を揃えて、2045年には平均寿命100歳に到達すると予測されていることはNHKでも放送されています。

なぜ、寿命がそんなにも延びるのか?

それは、老化をコントロールする『長寿遺伝子』があることが分かってきたからだと言われています。

人には寿命があり、体は年々衰えていきますが、大きく分けるとその原因は3つあると言われています。

1・免疫力の低下
2・NAD+の減少・ミトコンドリアの機能低下
3・善玉菌の減少

そこで、減少や低下を補うことがエイジングの重要な課題とされています。

しかし、どんな方法で、何をすれば減少や低下を補うことができるのか?

そのことについてNHKスペシャルでは、ハーバード大学の研究者が開発中の『若返りの薬』について放送をされており、さらに、ワシントン大学の今井眞一郎教授はサーチュイン遺伝子を目覚めさせるのは、NMNだと言われています。

 

NHKスペシャル

NMNは人間の細胞の中に 備わっているもの

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は人間の細胞の中に、そもそも備わっていて、細胞の中のビタミンに似た物質であり、体が失いつつある、落ちてしまっている機能を補正します。

これは、ハーバード大学のデイビット・シンクレア教授が、マウスによる実験でNMNの可能性を証明し、NMNは人間の老化の関係における本質的な物質だとわかってきたと言われています。

減少や低下を補うことができるのがNMNです。

腸は全身の免疫力の源

減少や低下を補うことができるNMNですが、ここで、全身の健康に影響を与えている『腸内細菌』についてお伝えすると、腸は全身の免疫力の源と言われ第二の脳とも言われています。

いつまでも健康で長生きしたい方たちや、いつまでも美しく若々しく元気でいるポイントは

・NMN
・腸内

腸内には、多種多様な細菌が生息しており、その数はなんと1,000種1,000兆個以上と言われていて、腸内細菌がまるで臓器のように私たちの体のために働き、これらの様々な細菌がバランスをとりながら腸内環境を良い状態にしています。

顕微鏡で腸の中を覗くと、植物が群生している『お花畑』のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになり、腸内フローラは健康に関わる3つの役割を担っています。

①消化できない食べ物を身体に良い栄養物質へ作り変える
②腸内の免疫細胞を活性化し、病原菌などから身体を守る(腸のバリア機能向上)
③腸内フローラのバランスを保ち、健康を維持する

第二の脳とも言われ、人間にとってとても重要な『腸内フローラ』ですが、寝不足、疲れ、ストレスなど、日常の生活スタイルや食事などでバランスが崩れやすいと言われています。

肥満も加齢の1つとして年齢を重ねる事に体重の増加や、ダイエットしても痩せない、そんなお悩みを抱えられている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

私たちの体の中の脂肪は、どんな風に蓄積されていくかと言うと『脂肪は脂肪細胞が取り込んで蓄積』していきます。

実は私たちの腸内には、余分な脂肪の蓄積を抑えるために『短鎖脂肪酸』と言うものがあったのです。

筋肉に作用し、脂肪を燃やす働きも・・・・・

脂肪の蓄積を抑え肥満を防ぐだけじゃなく脂肪を燃やすこともやっていたのです。

つまり、蓄積を減らし、あるものを燃やすのは腸内細菌が作る『短鎖脂肪酸』だったのです!!

さらに腸内細菌からは他にも作られています。

薬局や医院でも販売されている、女性ホルモンでお困りの方が愛用する『エクオール』

肌の美しさや美容には欠かせない、更年期の方にも必要なこの『エクオール』は、もともと体の中で作られていて、実は腸内細菌が作り出してくれていたのです!!

そのことについてNHKでも特集されていますので、是非ご自身の目でご確認ください!

放送をご覧になられる場合はPassが必要になりますので、下記のリンクよりお進みいただき『Pass:12345』をご入力していただきご視聴ください。

NHK特集は
↓ ↓
こちらから

腸内フローラを創造する 乳殺菌生産物質

腸内フローラを創造する乳殺菌生産物質

乳殺菌生物物質をメインに他の乳殺菌発酵原料を組み合わせたトリプル・シンバイオティクス成分とは?

①バイオジェニックス乳殺菌生産物質

腸内フローラを介さず体内に直接作用する成分を摂取する

②プロバイオティクス乳酸菌・ビフィズス菌[21種・21株]

有用な善玉菌を摂取する。

③プレバイオティクス食物繊維と大豆オリゴ糖

善玉菌のエサになるオリゴ糖や食物繊維を摂取する

長勝の最先端をいく
トリプル・シンバイオティクス

乳酸菌生産物質(バイオジェニックス)に、プロバイオティクス(乳酸菌やビフィズス菌)とプレバイオティクス(善玉菌のエサ)を組み合わせたトリプルシンバイオティクスが、腸内フルーラを耕し、育み、満開状態に!

さらに、高額で、欲しくても手に入れることが難しかったNMNが、高純度が含まれた夢のようなものを手にすることができたら・・・・・・

10年前に自分に、100年の人生を価値あるものにするために、NMN+乳殺菌生産物質の2つの成分がもし贅沢に組み合わされた都合の良いものがあったら・・・・

ここまでのまとめ

老化をコントロールする『長寿遺伝子=サーチュイン遺伝子』があることが分かり、その活性化により生物の寿命が延びるとされています。

サーチュイン遺伝子の活性化により合成されるタンパク質、サーチュインはヒストン脱アセチル化酵素であるため、ヒストンとDNAの結合に作用し、遺伝的な調節を行うことで寿命を延ばすと考えられています。

 

衰えていく原因は3つ
1・免疫力の低下
2・NAD+の減少・ミトコンドリアの機能低下
3・善玉菌の減少

 

課題を解決するには
減少や低下を補うことが重要

あらゆる生物が持っているNMNは年齢と共に減っていき老化します。

歳をとったから老化する訳ではなくNMNが減るから老化する事がわかりました。

 

若返るための遺伝子=サーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子は、ほぼ眠った状態

眠っている7つのサーチュイン遺伝子を目覚めさせられるもの、それが『NMN』という物質。

NMNを飲むと細胞のエネルギーを作り出すミトコンドリアが活性化します。

 

全身の健康に影響を与えているもの

『腸内細菌』

肌の美しさや美容には欠かせない、更年期の方にも必要なこの『エクオール』は、もともと体の中で作られていて、実は腸内細菌が作り出してくれていた。

 

健康・長生き・美しく若々しく元気でいるポイントは

・NMN
・腸内 

 

人間にとってとても重要なもの

腸内フローラ

腸内フローラは健康に関わる3つの役割を担っています。

①消化できない食べ物を身体に良い栄養物質へ作り変える
②腸内の免疫細胞を活性化し、病原菌などから身体を守る(腸のバリア機能向上)
③腸内フローラのバランスを保ち、健康を維持する

 

腸内フローラを創造するものは

『乳殺菌生産物質』

 

腸内細菌のお花畑を作るためには乳酸菌発酵物質

乳殺菌生物物質をメインに他の乳殺菌発酵原料を組み合わせたトリプル・シンバイオティクス成分とは?

①バイオジェニックス乳殺菌生産物質
②プロバイオティクス乳酸菌・ビフィズス菌[21種・21株]
③プレバイオティクス食物繊維と大豆オリゴ糖

若くいる、体型を維持する、癌や生活習慣病を予防するには、腸内フローラを腸の中に作る必要があり、腸内細菌のお花畑を作るためには、腸内細菌を増やす、腸をきれいにすることが大切。

そこで乳酸菌発酵物質をとることが重要になってきます。

必要なものを兼ね揃えた 夢のような商品が誕生

 

 

 

Copyright(C)All Rights Reserved。